アトピー肌と石鹸 赤ちゃんの入浴

◇赤ちゃんの入浴

もともと赤ちゃんの肌は、とても柔らかくデリケートです。
健康な肌であっても、刺激に弱いものですが、アトピー肌の赤ちゃんなら、なおさらのことになります。肌の弱い赤ちゃんの肌がアトピーによって赤く傷ついた肌は痛々しいかぎりです。
アトピー肌の赤ちゃんの、入浴についての一般的な注意点です。

赤ちゃんは毎日、場合によっては日に二度、入浴することが多いと思います。
その際使用する石鹸についてですが、高価なアトピー用石鹸というものがあります。
アトピー用石鹸でなくても、天然の成分による無添加・無香料のものうを選ぶことがよいでしょう。
無添加石鹸でも、それほど高くないものもありますので、肌に良いものを探して使用するようにしましょう。
薬用石鹸というのもありますが、薬用石鹸は殺菌効果が高いため、刺激があるものがありますので、肌に炎症をおこしているアトピー肌には向いていないことがあるようです。
また弱った肌には、毎日石鹸を使わないといけないと思い込まなくてもいいようです。
赤ちゃんの肌が、カサカサに乾燥してしまった時などは、乾燥を増してしまうことがありますから無理に石鹸などを使わないほうがいいこともあります。
お肌の状態をみて、判断することも大切です。

入浴の際に気をつけることは、石鹸を使う場合はしっかり泡立ててから、手でそっとなでるように洗ってあげるのも手軽で清潔だと思います。
赤ちゃん専用のスポンジやタオルも発売されているようですが、こちらも肌の様子をみながら使用するようにしたほうがいいかもしれません。

石鹸で洗ったあとは、赤ちゃんの肌に石鹸の成分が残らないようにしっかり洗い流すように気を配ってください。

入浴後は、濡れたタオルを絞ったもので、ふいてあげると刺激が少なくすみ乾燥しにくいようです。

また、お水をかけて皮膚を鍛えることも良いようです。
冷水摩擦という事でもないのですが、皮膚にちょっとした高温・低温の刺激を与えることで皮膚が鍛えられようです。かるく交互にかける程度でいいようです。
また、お湯だけであがるよりも、少しお水をかけてあげたほうが肌が乾燥しにくいともいわれています。

Posted by atp : 08:44 | Comments (0) | Trackbacks (0) | Page Top ▲

アトピー性皮膚炎と合成洗剤、界面活性剤

アトピー性皮膚炎と洗剤

アトピー性皮膚炎の方は、洗濯などには合成洗剤の使用を避けたほうが良いと言われています。

アトピー性皮膚炎と合成洗剤との関係の、直接的実証証明はないようですが、ネズミによる皮膚テストなどでは皮膚障害をおこす事や細胞が破壊されるなどの実験結果もあり関連性があるのではないかといわれています。

合成洗剤の中に含まれる合成界面活性剤が、細胞を弱くしたり破壊する要因をもち、感性細胞である肥満細胞も弱くしてしまうといわれています。
その肥満細胞が弱くなったことによって、より強いアレルギー反応が起こってしまう事によるのではないかといわれています。

洗剤の汚れを落とす働きをする界面活性剤。
出来る限り、天然の成分から作られた界面活性剤の洗剤を選ぶことが大事のようです。

Posted by atp : 01:59 | Comments (0) | Trackbacks (0) | Page Top ▲

アトピー性皮膚炎、抗ヒスタミン剤での治療

◇「抗ヒスタミン剤」を用いるアトピー性皮膚炎の治療
アトピー性皮膚炎の治療で、代表的な飲み薬として「抗ヒスタミン剤」を用いる治療があります。
「抗ヒスタミン剤」は、痛みやかゆみの鎮静や自律神経の安定を図るのに使用するそうです。
この「抗ヒスタミン剤」は「抗パーキンソン病(手足の震え、運動障害)」などにも使われる薬だそうです。
また、風邪にも効果があるといわれているそうです。

「抗ヒスタミン剤」の特徴として、服用後20~30分くらいで効果があらわれはじめ、約1時間でピークに達するそうです。
主な副作用として、発疹やかゆみなどの過敏症状を起こしたり、頭痛や喉の乾き、眠気や貧血などがあげられています。

Posted by atp : 20:10 | Comments (0) | Trackbacks (0) | Page Top ▲

アトピー性皮膚炎の対症療法

アトピー性皮膚炎の対症療法
アトピー性皮膚炎の対症療法には様々な薬が用いられています。
そのなかでも、かゆみに対し中心となっている薬がステロイド外用剤のようです。

いろいろな治療薬の中でも効果の高い薬のようですが、効果が高い反面、副作用も大きいということが難点とされているようです。
副作用の心配から、症状がひどいときに短期間だけ効果の強いステロイド外用剤を使用して、落ち着いたらすぐに、弱いステロイド外用剤に切り替える、などの使い方をしているようです。

ステロイド外用剤は、天然の副腎皮質ホルモンを使った薬や科学的に合成された副腎皮質ホルモンでできた薬など、数十種類以上あるようです。
そのなかで、子供用には副作用の弱いものが主に使われているようです。

Posted by atp : 16:25 | Comments (0) | Trackbacks (0) | Page Top ▲

アトピー性皮膚炎への治療

アトピー性皮膚炎への治療について
アトピー性皮膚炎のすべての原因が解明されていないため、アトピー性皮膚炎への根本的な治療法というのは、まだ確立されていないのが現状のようです。
アトピー性皮膚炎のメカニズムというのが、徐々に解明されてきているようですが、その症状や要因が複雑であり、また、対策や効果が個人によって大きく違ってくることも難しくしているようです。

痒みに対して、かゆみを抑える薬や皮膚の炎症を止める薬を用いたりする「対症療法」や、食物アレルギーの「除去食療法」、またダニ駆除やほこりを少なくする「原因療法」などの治療法を施しながら、改善策をとっているようです。

Posted by atp : 01:47 | Comments (0) | Trackbacks (0) | Page Top ▲